月別記事一覧

摩比呂の素朴な日記にようこそ。

月別アーカイブ:2020年09月

  • 日記

    女性は、コラーゲンと云う言葉には敏感で、コラーゲンの摂取に興味があるとおもう。お肌の為に、また美しくなる為に、コラーゲンは必要な成分である。では、錠剤以外でコラーゲンを取る為には、どのような食物を口に..

    記事を読む

  • 日記

    糖尿病になると、網膜や神経に障害がでる事は認識されている。糖尿病事態も恐ろしい病気であるが、その合併症も懸念されている。また、合併症で骨がもろくなる事は、興味ない人が少なくないようである。糖尿病になっ..

    記事を読む

  • 日記

    ゼラチンは、我々の周囲で食用の他にも使用されている。世界中では毎年約27万トンのゼラチンが生産されていると云う事である。生産量27万トンの内訳は、70パーセントが食用ゼラチンで在り、医薬用ゼラチンが2..

    記事を読む

コラーゲンゼリー

女性は、コラーゲンと云う言葉には敏感で、コラーゲンの摂取に興味があるとおもう。
お肌の為に、また美しくなる為に、コラーゲンは必要な成分である。

では、錠剤以外でコラーゲンを取る為には、どのような食物を口にしたら良いのだろうか?
動物性ゼラチンにコラーゲンはおおく含有される。
例を挙げると、お肉を煮込んだ時、手羽先等は明くる日、スープごとゼリー状に固まらないだろうか?
あれがコラーゲンであるためす。
また、皮と身の間に成る真皮におおく含まれ、また、腱や骨等にもコラーゲンが沢山入っている。

コラーゲンが写真に使用されているとは私も初耳である。
これは御存知ない方が殆どだろう。

では、一体、写真のどこにコラーゲンが使用されているのだろうか?
なんと、写真のフィルムの成分、その半分はコラーゲンで出きているのである。
こんなところにコラーゲンが使用されているなんて、驚嘆である。

少なくない場所では、肌の7割がコラーゲンで造られている。
そして、内臓や筋肉、関節や骨、髪等に実在し、ちょっと驚嘆する事は目にもコラーゲンが実在する事である。

コラーゲンの美肌効果のほうが超有名であるが、関節痛に効く事は近頃、注目されている。
高齢に拠って、関節軟骨が磨り減り、痛みがでてくのである。
これを防ぐのもコラーゲンである。

代謝が悪くなると、新しいコラーゲンが必要な分、作られず、軟骨がすり消耗してしまう為に生じる痛みである。
本来、軟骨で守られている骨であるが、コラーゲンが足りなくなると、骨と骨が直接、すれ合ってしまい、痛みが生じる。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ

    タグ

    コラーゲンとはなんですか

    糖尿病になると、網膜や神経に障害がでる事は認識されている。
    糖尿病事態も恐ろしい病気であるが、その合併症も懸念されている。
    また、合併症で骨がもろくなる事は、興味ない人が少なくないようである。

    糖尿病になってしまった人は、些細な事で骨を折るケースが多発している。
    女性より男性のほうが骨折は少なくないようである。
    であるから、糖尿病と骨粗鬆症は深い関係があると思われている。

    日本国内に於いては、コラーゲン販売量が年間約2万トンである。
    そのうち食用となるコラーゲンは4割くらいのものである。
    後は、写真、工業用、医薬用となる。
    食用が4割とは多くはないものである。
    お肌の為にも、どんどんコラーゲンを日本人も口にしないといけない。

    骨の中は、コラーゲンと、カルシウムをはじめとしたミネラル成分で形成されている。
    骨粗鬆症か、どうか決断する為、骨密度を計るが、これは、骨の中のミネラルの量を測定するのである。

    このミネラルを結合させる任務をしている成分がコラーゲンである。
    高血糖状態が暫く(しばらく)つづくと、コラーゲンの質が悪化して、骨の強さが次第に、なくなる。
    骨量を計った結果、これが多かったとしても、安心は出きない。
    なぜなら、これらを結合させているコラーゲンが悪く為っている為、結合する力が弱く、骨も弱くなるのである。

    初めの話にもどるが、サプリメントの[アミノコラーゲン]のアルギニンと云う成分は、非必須アミノ酸に分類される。
    これを、体に取り入れる事で、肌の細胞を活発にしてくれるのである。



    [PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ

    タグ

    コラーゲンペプチド 褥瘡

    ゼラチンは、我々の周囲で食用の他にも使用されている。
    世界中では毎年約27万トンのゼラチンが生産されていると云う事である。
    生産量27万トンの内訳は、70パーセントが食用ゼラチンで在り、医薬用ゼラチンが20パーセントである。
    そして、残りの10パーセントが工業用、写真用とされている。

    先日、私が、某ラーメン屋さんに行った時の事である。
    普通のラーメンが700円ぐらいだった店だったのであるが、[コラーゲンラーメン]と云う1000円のラーメンが有った。
    [お肌がぷるぷるに成る、コラーゲンたっぷりラーメン!]
    と云う宣伝文句につい釣られてしまい、その1000円もするラーメンを注文しちゃいた。
    ラーメンに1000円出す事は、そうそうある事じゃないのだ。

    アミノ酸は体に良いと云う事は、広く認識されているようである。
    スポーツドリンクでは[アミノサプリ]と云う飲み物が発売当時から、ずっと人気が有るからだ。

    アミノ酸とは体に肝心なものである。
    蛋白(たんぱく)質を作成している物質で在り、1番小さい単位がアミノ酸に成る。
    アミノ酸にも種類が有って、人間が体の中で作成する事が出きる[非必須アミノ酸]と云うものが実在する。
    そして、体の中では作成する事が出きない[必須アミノ酸]と云うものも実在する。

    フィルムと云うものは、何十層にもなるコラーゲンの膜で出きているのである。
    その膜は肌の角層と同じ薄さ、20ミクロンと云われている。

    フィルムにも、美肌にも、コラーゲンがポイントに為っているのである。
    全くちがう領域にもこういった具合にしてコラーゲンを介しての共通点が見つかった。



    [PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ

    タグ

    このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
    Copyright © 摩比呂の素朴な日記 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます