月別記事一覧

摩比呂の素朴な日記にようこそ。

月別アーカイブ:2020年06月

  • 日記

    ご案内したレシピは手羽先を使用して、そのコラーゲンを取ろうと云う料理であるが、コラーゲンそのものが料理に為っているものも有る。コラーゲンがそのままお刺身に為っている料理を御存知だろうか?その名も[刺身..

    記事を読む

  • 日記

    コラーゲンと云う成分はお肌に良いと云う事は、皆さん御存知のではないだろうか?テレビや雑誌等で、散々、[美肌にはコラーゲン!]と云われている。それを普段観ている我々の頭の中には、これがそのまま入っている..

    記事を読む

  • 日記

    コラーゲンと云う成分はお肌に良いと云う事は、皆さん御存知のではないだろうか?テレビや雑誌等で、散々、[美肌にはコラーゲン!]と云われている。それを普段観ている我々の頭の中には、これがそのまま入っている..

    記事を読む

コラーゲン 食材ゼラチン

ご案内したレシピは手羽先を使用して、そのコラーゲンを取ろうと云う料理であるが、コラーゲンそのものが料理に為っているものも有る。
コラーゲンがそのままお刺身に為っている料理を御存知だろうか?
その名も[刺身コラーゲン]である。

コラーゲンの中で水に溶ける性質のものが有るから、これらはスープにすると良いだろう。
例を挙げると手羽先のスープを作成する時に野菜をたっぷり入れれば、釣り合いも良いものである。
スープまでガッツリとコラーゲンが溶け出して含有されているから、汁も残さず口にしよう。
体内にコラーゲンが入ってくると、新しくコラーゲンが生成される材料となる。
コラーゲンが体の中で造られる時に、他にも必要なものが有る。
それは、ビタミンC、亜鉛、そして鉄である。

骨の中は、コラーゲンと、カルシウムをはじめとしたミネラル成分で形成されている。
骨粗鬆症か、どうか決断する為、骨密度を計るが、これは、骨の中のミネラルの量を測定するのである。

このミネラルを結合させる任務をしている成分がコラーゲンである。
高血糖状態が暫く(しばらく)つづくと、コラーゲンの質が悪化して、骨の強さが次第に、なくなる。
骨量を計った結果、これが多かったとしても、安心は出きない。
なぜなら、これらを結合させているコラーゲンが悪く為っている為、結合する力が弱く、骨も弱くなるのである。

では、人間の体の中でコラーゲンはどのような働きをするのだろうか?
細胞と細胞の間、その隙間をコラーゲンが埋めている。
そして、肌にはりを与え、なめらかな美肌を持続する為に重要な部分、真皮と云う部分が有る。
そこを構成する主成分がコラーゲンであるためす。
であるから、コラーゲンは美肌に必要と云う事に成る。



カテゴリ

タグ

コラーゲンドリンク 資生堂

コラーゲンと云う成分はお肌に良いと云う事は、皆さん御存知のではないだろうか?
テレビや雑誌等で、散々、[美肌にはコラーゲン!]と云われている。
それを普段観ている我々の頭の中には、これがそのまま入っているようである。

このようなマリンコラーゲンからなるゼラチンは美容部門でも活動していて、化粧水、美容液、口紅等にも使用されている。
また髪にもコラーゲンが良い為、シャンプー、リンスにも配合されているものがあるようである。

骨の中は、コラーゲンと、カルシウムをはじめとしたミネラル成分で形成されている。
骨粗鬆症か、どうか決断する為、骨密度を計るが、これは、骨の中のミネラルの量を測定するのである。

このミネラルを結合させる任務をしている成分がコラーゲンである。
高血糖状態が暫く(しばらく)つづくと、コラーゲンの質が悪化して、骨の強さが次第に、なくなる。
骨量を計った結果、これが多かったとしても、安心は出きない。
なぜなら、これらを結合させているコラーゲンが悪く為っている為、結合する力が弱く、骨も弱くなるのである。

コラーゲンを取るためと云っても、私のようにコラーゲンラーメンでは栄養の釣り合いが良くないものである。
取りながらも、ダイエットには気を付けなければならない。
それは、どうしてなのだろうか?
含有されているコラーゲンの量が少なくない食物は、ダイエットには大敵となるケースの場合が少なくないからである。



カテゴリ

タグ

コラーゲンとは

コラーゲンと云う成分はお肌に良いと云う事は、皆さん御存知のではないだろうか?
テレビや雑誌等で、散々、[美肌にはコラーゲン!]と云われている。
それを普段観ている我々の頭の中には、これがそのまま入っているようである。

鶏肉であると手羽先等にコラーゲンがたっぷり含有されて居るようだ。
手羽先はスープにしても、焼いても、揚げても美味しいものである。
私は手羽先も大好きである。
困った事に、これもカロリーが高い食物だった。

コラーゲンをおおく包含している食材には、残念ながらどうしても脂質もおおく含有されてしまう。
であるから、ダイエットの大敵と申し上げたのである。
肌の事を考慮して、毎日、牛テールシチューばっかり口にしていたらどうだろうか?
脂質をおおく取りすぎて、肥満になるだろう。
脂質は血液の流れも悪くさせるから、動脈硬化も懸念である。

コラーゲンは、髪が成長する為に必要な栄養素の1つであるためす。
これは、実験の結果に拠っても明白に為っている。
アメリカで実験されたケースは、1日あたり、14グラムのコラーゲンを、2ヶ月間つづけて呑み込むものだった。
すると、髪の毛が太くなると云う結果が出た。
およそ10パーセントも太く成長したと云う事である。
これは、続けなければ、元にもどってしまうと云う結果もでている。
であるから、もし、髪を太くして、それを保ちたいケースの場合は、毎日、分量を守って摂取しなければならない事に成る。

老化現象はストップさせる事は出きない。
であるが、緩やかに年を取る事が出きたら良いものである。
その為には、コラーゲンをできる限り積極的に取って、体内で合成されるコラーゲンを助ける事である。



カテゴリ

タグ

このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
Copyright © 摩比呂の素朴な日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます