お探しの情報は見つかりましたか?

糖尿病になると、網膜や神経に障害がでる事は認識されている。
糖尿病事態も恐ろしい病気であるが、その合併症も懸念されている。
また、合併症で骨がもろくなる事は、興味ない人が少なくないようである。

糖尿病になってしまった人は、些細な事で骨を折るケースが多発している。
女性より男性のほうが骨折は少なくないようである。
であるから、糖尿病と骨粗鬆症は深い関係があると思われている。

日本国内に於いては、コラーゲン販売量が年間約2万トンである。
そのうち食用となるコラーゲンは4割くらいのものである。
後は、写真、工業用、医薬用となる。
食用が4割とは多くはないものである。
お肌の為にも、どんどんコラーゲンを日本人も口にしないといけない。

骨の中は、コラーゲンと、カルシウムをはじめとしたミネラル成分で形成されている。
骨粗鬆症か、どうか決断する為、骨密度を計るが、これは、骨の中のミネラルの量を測定するのである。

このミネラルを結合させる任務をしている成分がコラーゲンである。
高血糖状態が暫く(しばらく)つづくと、コラーゲンの質が悪化して、骨の強さが次第に、なくなる。
骨量を計った結果、これが多かったとしても、安心は出きない。
なぜなら、これらを結合させているコラーゲンが悪く為っている為、結合する力が弱く、骨も弱くなるのである。

初めの話にもどるが、サプリメントの[アミノコラーゲン]のアルギニンと云う成分は、非必須アミノ酸に分類される。
これを、体に取り入れる事で、肌の細胞を活発にしてくれるのである。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ

    タグ