お探しの情報は見つかりましたか?

女性は、コラーゲンと云う言葉には敏感で、コラーゲンの摂取に興味があるとおもう。
お肌の為に、また美しくなる為に、コラーゲンは必要な成分である。

では、錠剤以外でコラーゲンを取る為には、どのような食物を口にしたら良いのだろうか?
動物性ゼラチンにコラーゲンはおおく含有される。
例を挙げると、お肉を煮込んだ時、手羽先等は明くる日、スープごとゼリー状に固まらないだろうか?
あれがコラーゲンであるためす。
また、皮と身の間に成る真皮におおく含まれ、また、腱や骨等にもコラーゲンが沢山入っている。

コラーゲンが写真に使用されているとは私も初耳である。
これは御存知ない方が殆どだろう。

では、一体、写真のどこにコラーゲンが使用されているのだろうか?
なんと、写真のフィルムの成分、その半分はコラーゲンで出きているのである。
こんなところにコラーゲンが使用されているなんて、驚嘆である。

少なくない場所では、肌の7割がコラーゲンで造られている。
そして、内臓や筋肉、関節や骨、髪等に実在し、ちょっと驚嘆する事は目にもコラーゲンが実在する事である。

コラーゲンの美肌効果のほうが超有名であるが、関節痛に効く事は近頃、注目されている。
高齢に拠って、関節軟骨が磨り減り、痛みがでてくのである。
これを防ぐのもコラーゲンである。

代謝が悪くなると、新しいコラーゲンが必要な分、作られず、軟骨がすり消耗してしまう為に生じる痛みである。
本来、軟骨で守られている骨であるが、コラーゲンが足りなくなると、骨と骨が直接、すれ合ってしまい、痛みが生じる。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ

    タグ