コラーゲンはお肌細胞に良いと云う効果だけだとおもったら、これがちがうのである。
実は骨粗鬆症にも良いと云われている。

骨にカルシウムを付ける任務を、コラーゲンがしている事が把握出きた。
と云う事は、コラーゲンがなければ、取ったカルシウムは骨の成分にならないと云う事である。

であるから、細かい分、普通のコラーゲンと比較すると、その吸収率が高く為っている。
そして、コラーゲンペプチドは蛋白(たんぱく)質の成分を、消化しやすく加工して、なんと100パーセントの吸収力を可能にしたと云われている。
粒子が途方もなく細かくて、体に浸透し易い事が特徴点である。
浸透し易いと云う事は、体内でアミノ酸に分解し易く、吸収されやすいと云う事に成る。

具材を、急がずゆっくりと煮込んでいくと、鍋の中には、いつの間にかコラーゲンが溶け出してくのである。
鍋でフカヒレを煮込んで、それを皆でつついて口にすると云う習慣は今まではなかったものである。
牛スジも煮込みと云う料理なら有ったが、鍋に入れるとは、私は今まで聴いた事がないのだだった。

そして、気を付けなければいけない事も在り、コラーゲンの少なくない食材はカロリーも高いと云う事である。
牛テールや、手羽先をはじめ、肉類は高カロリーのものが少なくないものであるから、肌に良いとおもって食べつづけて肥満になる事も考えなければならない。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ

    タグ