月別記事一覧

摩比呂の素朴な日記にようこそ。

月別アーカイブ:2020年07月

  • 日記

    例を挙げると、牛だったら、牛テール肉には、多量のコラーゲンが含有されている。テールシチューってすごく美味しいものである。ぷるぷるの身がやわらかく煮込まれていて、私は大好きである。であるが、カロリーは残..

    記事を読む

  • 日記

    昔からある、このような動物性蛋白(たんぱく)質のゼラチンに加え、近頃では別のものから生成されたゼラチンが話のネタに為っている。それは、魚の皮等を使用する[マリンコラーゲン]と呼称されるものである。海の..

    記事を読む

  • 日記

    コラーゲンはサプリメントで取る事も良いものであるが、出きる事なら、毎日の食卓で取り入れたいものである。その為のコラーゲンを取れるレシピは多種多様、皆さん試行錯誤されているようである。おうちで料理したほ..

    記事を読む

コラーゲンピール 大阪

例を挙げると、牛だったら、牛テール肉には、多量のコラーゲンが含有されている。
テールシチューってすごく美味しいものである。
ぷるぷるの身がやわらかく煮込まれていて、私は大好きである。
であるが、カロリーは残念ながら高い料理である。

コラーゲンがおおく入っている食物はどのようなものがあるだろうか?
1番入っているものは、なんと云ってもふかひれである。
ふかひれはサメの軟骨であるためす。
と、云っても、高級なふかひれは、一般人はそうそう何時も口にする事は出きない。

スープにビタミンが取れるようにほうれん草を仕上げに入れてみてはどうだろう。
おかずにレモンの絞り汁を使用したサラダを添える等、他のおかずで試行錯誤してみても良いかとおもう。
とにかくコラーゲンだけ取っていれば良い、と云う考えはNGであるから、それを失念しないようにしたいものである。

我が家は下味をガッツリと付けたい為、[明日は手羽先のカラアゲを作ろう!]とおもったら、前の晩から、漬け込んで置いておくのだ。
漬け込んだ手羽先をザル等に揚げて、汁気を取る。
片栗粉をまぶして油で揚げたらできあがりである。
途方もなくボリュームがあるおかずで在り、かつ、コラーゲンたっぷりであるから、ご家族皆さんで召し上がり欲しい。



カテゴリ

タグ

コラーゲンペプチド 食品

昔からある、このような動物性蛋白(たんぱく)質のゼラチンに加え、近頃では別のものから生成されたゼラチンが話のネタに為っている。
それは、魚の皮等を使用する[マリンコラーゲン]と呼称されるものである。
海の生物から得る事が出きるコラーゲンである。

錠剤も良いだろうが、本当は食物から摂取出きたら良いものである。
コラーゲンを摂取出きる食物では、フカヒレ、鮭、すっぽんやウナギが超有名である。
現状はコラーゲン鍋の素も販売されているから、冬場は鍋でコラーゲンを取ろう。
アンコウも相当のコラーゲンをもつ食物であるから、アンコウ鍋も良いものである。
あのプルプルがお肌に良いのである。

勿論、コラーゲンが不足する事だけが薄毛になる原因じゃないのだ。
ストレスという心理的負荷が貯まっていたり、食生活が乱れていたり、夜更かしで睡眠不足だったりと、体に悪い事は髪にも悪いのである。
お酒もほどほどにしたり、適度な運動をしたり、体に良い事は、髪の毛にだって良い事であるためす。

また、ヒアルロン酸とコラーゲンは途方もなく相性が良いそうである。
肌の保湿にはヒアルロン酸である。
そして肌の弾力にはコラーゲンであるから、この2つがコンビを組めばより強力な美肌効果が誕生する。
であるが、ヒアルロン酸を沢山包括する食材は身近なものではあまりないのだ。
食材はどれも高価な為、鶏のトサカ、ウナギ、フカヒレ、スッポンにおおく含有されると云われている。
残念ながら毎日食される食材でもないものである。



カテゴリ

タグ

コラーゲンマシン 通い放題

コラーゲンはサプリメントで取る事も良いものであるが、出きる事なら、毎日の食卓で取り入れたいものである。
その為のコラーゲンを取れるレシピは多種多様、皆さん試行錯誤されているようである。
おうちで料理したほうがサプリメントを買い付けるより安上がりであるもの。

さて、コラーゲン鍋と云うものを御存知だろうか?
近頃、テレビ番組で店の特集を放送していたり、コラーゲン鍋の素のコマーシャルも流れていたりする。
この、コラーゲン鍋は、どのような料理なのだろうか?
その名前もしくは名称の通り、コラーゲンが入った鍋であるためす。
コラーゲンを具財に口にする訳でもないのだ。
例を挙げると、コラーゲンが沢山あると云うフカヒレ、牛スジ等の、鍋で煮込んで口にすると云ったものである。

このような状態の体内にコラーゲンを入れてあげる事で、コラーゲンが造られるほうも、活発化する。
すると、体内におおくコラーゲンが実在する状態がキープされるから、お肌もいきいきして来るのである。
保水力もアップするし、肌荒れ、シミ、シワ、そして目のクマにも改善される。

では、人間の体の中でコラーゲンはどのような働きをするのだろうか?
細胞と細胞の間、その隙間をコラーゲンが埋めている。
そして、肌にはりを与え、なめらかな美肌を持続する為に重要な部分、真皮と云う部分が有る。
そこを構成する主成分がコラーゲンであるためす。
であるから、コラーゲンは美肌に必要と云う事に成る。



カテゴリ

タグ

このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
Copyright © 摩比呂の素朴な日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます