若さが失われると共に、老化が開始する。
老化消耗の中で、お肌が1番分かり易いのじゃないだろうか?
小じわがやがて、本じわになり、肌色もくすんで、頬も悲しい事にたるん出きる。
それを予防したり改善したりしてくれる成分は、コラーゲンである。
このコラーゲンを日常生活で取れたら1番良いものである。

コラーゲンは、そもそも、人間の体の中で造られるものである。
コラーゲンを外から体内に取り入れていたとしても、それはコラーゲンが生成する事を補助してあげる形に成る。

スープにビタミンが取れるようにほうれん草を仕上げに入れてみてはどうだろう。
おかずにレモンの絞り汁を使用したサラダを添える等、他のおかずで試行錯誤してみても良いかとおもう。
とにかくコラーゲンだけ取っていれば良い、と云う考えはNGであるから、それを失念しないようにしたいものである。

コラーゲンの成分自体も、同じ物がずっと実在する訳でもなく、常に生成したり、分解したり、忙しく代謝をしている。
釣り合いが取れている時は、問題ない事であるためすが、体に活性酸素等が入ると、コラーゲンの分解酵素のほうが元気になってしまい、分解ばっかり生じる。
生成が間に合わなくなり、実在するコラーゲンの量が少なくなる。
関節炎の中でも、慢性のものは、こうしたコラーゲンの消耗から生じてしまうのである。



カテゴリ

タグ