お探しの情報は見つかりましたか?

昔からある、このような動物性蛋白(たんぱく)質のゼラチンに加え、近頃では別のものから生成されたゼラチンが話のネタに為っている。
それは、魚の皮等を使用する[マリンコラーゲン]と呼称されるものである。
海の生物から得る事が出きるコラーゲンである。

錠剤も良いだろうが、本当は食物から摂取出きたら良いものである。
コラーゲンを摂取出きる食物では、フカヒレ、鮭、すっぽんやウナギが超有名である。
現状はコラーゲン鍋の素も販売されているから、冬場は鍋でコラーゲンを取ろう。
アンコウも相当のコラーゲンをもつ食物であるから、アンコウ鍋も良いものである。
あのプルプルがお肌に良いのである。

勿論、コラーゲンが不足する事だけが薄毛になる原因じゃないのだ。
ストレスという心理的負荷が貯まっていたり、食生活が乱れていたり、夜更かしで睡眠不足だったりと、体に悪い事は髪にも悪いのである。
お酒もほどほどにしたり、適度な運動をしたり、体に良い事は、髪の毛にだって良い事であるためす。

また、ヒアルロン酸とコラーゲンは途方もなく相性が良いそうである。
肌の保湿にはヒアルロン酸である。
そして肌の弾力にはコラーゲンであるから、この2つがコンビを組めばより強力な美肌効果が誕生する。
であるが、ヒアルロン酸を沢山包括する食材は身近なものではあまりないのだ。
食材はどれも高価な為、鶏のトサカ、ウナギ、フカヒレ、スッポンにおおく含有されると云われている。
残念ながら毎日食される食材でもないものである。



カテゴリ

タグ