美肌に必要な成分と云えば、何を思い浮かべるか?
ビタミン等もそうであるが、1番肝心な成分は、皆さん御存知のコラーゲンである。
高い美容液等を買い付けて、外から肌を活発化させようと頑張っている人も居るだろう。
近頃ではコラーゲンが入った乳液や化粧水がでているし、これらをお使いの方も居るだろう。
疑う余地もなく、肌の外部をケアする事も肝心であるが、まず、体内のコラーゲンを増やしてみてはどうだろうか。

コラーゲンが写真に使用されているとは私も初耳である。
これは御存知ない方が殆どだろう。

では、一体、写真のどこにコラーゲンが使用されているのだろうか?
なんと、写真のフィルムの成分、その半分はコラーゲンで出きているのである。
こんなところにコラーゲンが使用されているなんて、驚嘆である。

スープにビタミンが取れるようにほうれん草を仕上げに入れてみてはどうだろう。
おかずにレモンの絞り汁を使用したサラダを添える等、他のおかずで試行錯誤してみても良いかとおもう。
とにかくコラーゲンだけ取っていれば良い、と云う考えはNGであるから、それを失念しないようにしたいものである。

コラーゲンもセラチンも同じ分子で在り、両方とも美肌効果がある食物と云う事に成る。

コラーゲンを長い時間かけて加熱し、それを水に溶かしたものをゼラチンとよぶ。
であるから、早い話がゼラチンを口にすれば、コラーゲンを口にしている事に成る。
ゼラチンも美肌には良いと云う事に成る。
蛋白(たんぱく)質を多量に包括するゼラチンだったら、多種多様なものの原料として活動しそうである。
であるが、ゼラチンの生産を落ち着かせる為、殆どが牛、豚等の家畜の骨、皮を使用して造られている。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ

    タグ