昔からある、このような動物性蛋白(たんぱく)質のゼラチンに加え、近頃では別のものから生成されたゼラチンが話のネタに為っている。
それは、魚の皮等を使用する[マリンコラーゲン]と呼称されるものである。
海の生物から得る事が出きるコラーゲンである。

コラーゲンがどうして良いのか分かる事ができないまま、毎日、取っている人もいるだろう。
では、なぜ、コラーゲンを取ると肌の状態が良くなるのだろうか?
御存知の通り、コラーゲン効果の1つに、美肌効果があげられる。
体内にコラーゲンを取り込む事で、造られたり壊されたりするコラーゲンの代謝が活性に成る。
年齢と共に、コラーゲンが壊されるほうがおおく為っている。
作成するより、壊されるほうが、少なくない事は老化現象の1つである。

代謝率が高い体内では、何時もコラーゲンが分解して、合成してと、その活動がくりかえされているものである。
加齢が原因で、このコラーゲンの活動の釣り合いが崩壊してくのである。
その結果、コラーゲンの分解する活動のほうが。
コラーゲンを合成するよりもおおくなるのである。
老化現象と云えばそれまでであるが、柔軟性がなくなった肌は、シワがでて、たるみ、ハリがなくなる。
また、関節、骨の痛みがでてくのである。

では、この刺身コラーゲン、現実に口にしてみた人の感想はどのようなものだろうか?
棒状の型で固めると、マグロの刺身のような形に成る。
食感もぷりぷりとしていている。
そして口に入れるととろける感覚だそうである。
フィッシュコラーゲンであるから、魚臭かったり、生臭かったりするのでは?と懸念な人も居るだろう。
であるが、無味で在り、臭いはないのだ。
熱をプラスすると溶けてしまうが、この点を注意すれば、そのまま、お刺身として口にする以外にも多種多様使い道がありそうである。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ

    タグ