お探しの情報は見つかりましたか?

美肌効果がある事と同じように、関節痛にもコラーゲンが効くるのだ。
コラーゲンを体に取り入れる事で、体内のコラーゲン代謝がアップする。
新たなコラーゲンが形成される事を助ける事に成るのである。
軟骨に必要な分の新鮮なコラーゲンが届く事に成るから、軟骨のすり減りを制御する事が出きるのである。
すると、痛みもなくなる。

日本国内に於いては、コラーゲン販売量が年間約2万トンである。
そのうち食用となるコラーゲンは4割くらいのものである。
後は、写真、工業用、医薬用となる。
食用が4割とは多くはないものである。
お肌の為にも、どんどんコラーゲンを日本人も口にしないといけない。

コラーゲンの代謝率をアップさせる為に、我々に出きる事は、コラーゲンを取る事である。
体内にコラーゲンを入れてあげると、その生成力もアップする。
それには、コラーゲンを含んだ食品を口にする事、また、サプリメントで取る事が適切である。
サプリメントだったら、一日に何粒と摂取量の水準があるはずである。
つづける事が大事であるから、忘れずに飲みるべきだ。

コラーゲンの成分自体も、同じ物がずっと実在する訳でもなく、常に生成したり、分解したり、忙しく代謝をしている。
釣り合いが取れている時は、問題ない事であるためすが、体に活性酸素等が入ると、コラーゲンの分解酵素のほうが元気になってしまい、分解ばっかり生じる。
生成が間に合わなくなり、実在するコラーゲンの量が少なくなる。
関節炎の中でも、慢性のものは、こうしたコラーゲンの消耗から生じてしまうのである。



カテゴリ

タグ