お探しの情報は見つかりましたか?

勿論、毎日の食事に於いては、コラーゲンを取る事ばっかり考えず、釣り合いの良い食事をしたいものである。
野菜、肉、これ以外の食材も釣り合いよく口にして、その中でコラーゲンが取れたら理想的である。
お肌がつやつやになっても、肥満になってしまったら、元も子もないだろうからだ。

若さ、そして健康、美容、これらに必要と為っているのがコラーゲンである。
年と共に代謝率が落ちてしまえば、体内でコラーゲンを作成する事が難しくなる。
加齢に大幅に左右される体内のコラーゲン量であるが、20代までが1番、その量がおおく、以後、消耗してしまう。
40代でコラーゲンの量が以前の半分以下まで消耗すると云う事である。

代謝率が高い体内では、何時もコラーゲンが分解して、合成してと、その活動がくりかえされているものである。
加齢が原因で、このコラーゲンの活動の釣り合いが崩壊してくのである。
その結果、コラーゲンの分解する活動のほうが。
コラーゲンを合成するよりもおおくなるのである。
老化現象と云えばそれまでであるが、柔軟性がなくなった肌は、シワがでて、たるみ、ハリがなくなる。
また、関節、骨の痛みがでてくのである。

そして、気を付けなければいけない事も在り、コラーゲンの少なくない食材はカロリーも高いと云う事である。
牛テールや、手羽先をはじめ、肉類は高カロリーのものが少なくないものであるから、肌に良いとおもって食べつづけて肥満になる事も考えなければならない。



カテゴリ

タグ